“出拂”の読み方と例文
新字:出払
読み方割合
ではら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今夜ほどは女房役をせうわい。……(奧に向ひて)こりゃ、れかゐぬか!……出拂うてしまうた。むゝ、自身でパリスどのゝて、明朝準備をさせてう。
出拂つた……うか。……餘程あるかい。」
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
づる大黒傘つもるといふもなきばかりかに立歸りて出入車宿名殘なく出拂ひて挽子一人ませねばおさまながらと女房口上まゝのらばとせんおにおじはあるまじきに明早朝御歸館となされよなど親切められるれど左樣もならず
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)