“どうこく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
慟哭92.5%
同国3.0%
同國2.2%
洞谷0.7%
動哭0.7%
瞳黒0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は大声を放って慟哭した。私が泣いたのは長男が死んだ時と、昔愛人が死んだ時と、その次がこの猫が死んだ時と、三回だけである。
猫料理 (新字新仮名) / 村松梢風(著)
かの橋柱は御領主御蔵となりしとぞ。椎谷同国なれども幾里をたれば其真物不見、今に遺憾とす。伝写を以てこゝにつ。
いつぞや、同國にて、かの鉢前のバケツにありせたる雜巾をさして、金澤んとつたかえてゐるかとふ。れたり。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
玄高は公私略癸亥十一月七日の条に「成田竜玄次男玄高入門」と云つてある。全八郎は料理人上原全八郎である。洞谷の席順に「第六等席、十三人扶持、吉田洞谷、四十二」と云つてある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
吉田は画師洞谷である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
動哭嗚咽歔欷の中へ、平次と八五郎は分けて入りました。町人にしては贅沢過ぎると思うほどの絹夜具の中に、横たわっているのは、河内屋の秘蔵孫、喜太郎少年の痛々しい姿です。
銭形平次捕物控:050 碁敵 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
衣服などは、じみているが、貧乏臭い影などは微塵もない。い眉、射るがごとき瞳黒、肩幅はひろく、脊は立てば鴨居につかえそうだ。膝を真四角に坐っている。そして、談論風発だ。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)