“しどけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
乱次50.0%
檢束25.0%
秩序25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
へ寄って見ると、案の定、跣足で居る、実に乱次ない風で、長襦袢扱帯をしめたッきり、鼠色の上着を合せて、兵庫という髪が判然見えた、それもばさばさして今寝床から出たという姿だから
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
手桶たへた天秤けてどかりとつた。ぐつたりつたおはそれでなくても不見目姿檢束なくれた。西風餘波がおからいた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
寝衣か何か、白地浴衣ねたのを着て、をグルグル巻にし、上に不断の羽織をはおっている秩序ない姿もめかしくて、此人には調和い。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)