“雪國”の読み方と例文
新字:雪国
読み方割合
ゆきぐに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(ホ)なだれと海嘯防止。 それからにおした洪水豫防や、水源涵養のほかに森林雪國ですと『なだれ』のぐことも出來ます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
……一度職人節分しさに、一人て、がけを踏込んだ。一度雪國でする習慣れた足袋を、やぐらにしたびめがけてちたためである。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
大雷雪國の、こんなります。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)