“關羽”の読み方と例文
新字:関羽
読み方割合
くわんう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人張飛くなつたやうな中老人物一人關羽鬚髯して退隱したやうな中老以上人物
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
忿怒面相、しかしあつてからず、大閻魔すより、をくわつと、唐辛子いた關羽てゐる。つて古色蒼然たる脇立青鬼赤鬼も、蛇矛長槍張飛趙雲のないはない。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
よく/\これすべきことなりも人なりも人なり智に臥龍(孔明の事なり)關羽の如きもの當世の人になからんやに有章院殿の御代大岡越前守伊勢山田奉行となりてかしこに至り諸人公事彼地にて多く裁許あり先年より勢州路紀州領境論公事ありてやむ事なし山田奉行りのたび事にねがひ出るといへども今もつて落着せず是は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)