“臥龍”のいろいろな読み方と例文
新字:臥竜
読み方(ふりがな)割合
がりゅう57.1%
がりょう42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“臥龍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ヒョイとそこをふりあおぐと、臥龍がりゅうにはった松の木のねッこに、手下のかせぐのをニヤニヤとながめている者がある。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信雄の胸には、今その黒幕の者が大きく呼び起されていた。東海浜松の臥龍がりゅう、従三位参議徳川家康こそ、たのみとしていた者だった。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
臥龍がりょうに這った松の木に足をふみかけ、その丘の上から卍丸の船影を見下ろしていた武士がある。それは法月弦之丞であった。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それがしも満足。御辺もこれで、まずは深淵を出て、風雲の端に会したというもの。臥龍がりょう、いよいよご自重じちょうあれや」
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)