“相掛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あいかけ50.0%
あひかゝ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
得ずえ共お辰様身の上につき御厚情相掛られし事承り及びあり難く奉存候さて今日貴殿御計にてお辰婚姻取結ばせられ候由驚入申仔細あり御辰様儀婚姻には私故障御座候故従来の御礼り出て相止申べくとも候え如何にも場合切迫致しはお辰様心底によりては私一存にも参りの義に至り候ては
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
以て奉願上候一赤坂傳馬町長助店道十郎後家光奉申上候る寶永七年八月廿八日拂曉に於て麹町三丁目町醫村井長庵弟十兵衞國元へ出立仕候人手り相果候其場に私し道十郎所持印付有之候より道十郎へ御疑念相掛り候哉其節の御月番中山出雲守樣御奉行所へ夫道十郎儀病中御召捕に相成入牢せ付けられ候處御吟味中牢死仕つり死骸の儀は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)