“奉存候”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぞんじそうろう33.3%
ぞんじたてまつりそうろう33.3%
ぞんじたてまつりそろ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一簡奉啓上候余寒未難去候得共益々御壮健恐悦至極奉存候然者当屋敷御上始め重役の銘々少しも異状無之御安意可被下候ては昨年九月只今思い候ても誠に御気の毒に心得候御尊父を
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
得ずえ共お辰様身の上につき御厚情相掛られし事承り及びあり難く奉存候さて今日貴殿御計にてお辰婚姻取結ばせられ候由驚入申仔細あり御辰様儀婚姻には私故障御座候故従来の御礼り出て相止申べくとも候え如何にも場合切迫致しはお辰様心底によりては私一存にも参りの義に至り候ては
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
乍恐御西山君樣御代御側向御召抱お島之御方被申候を妻に被下置厚き奉蒙御重恩候而、年々御米百俵三季に享保年中迄頂戴仕來冥加至極難有仕合奉存候
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)