“奉願上候”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねがいあげたてまつりそうろう66.7%
ねがいあげたてまつりそろ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奉願上候”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
よしなにおんはから いのほど奉願上候ねがいあげたてまつりそうろう
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
取り急ぎ書面をもって奉願上候ねがいあげたてまつりそうろう
恭賀新年とかいて、かたわらに乍恐縮きょうしゅくながらかの猫へもよろしく御伝声ごでんせい奉願上候ねがいあげたてまつりそろとある。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)