“病中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
びやうちう75.0%
びょうちゅう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
思ひ出す程にして何もして居られぬと又飛出しては夜泊り日泊り家には尻の据らねば終に病中ながら養父五兵衞の耳にに離縁とほるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一、病中は、取乱した姿せるのを可厭がつて、見舞くのをられた自分ではないか。——い。こんなを。あゝ、まない。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
は又滝田病中にも一しか見舞うことが出来なかった。滝田夏目先生が「金太郎」とあだ名した滝田とは別人かとうほど憔悴していた。
滝田哲太郎君 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)