“先樣”の読み方と例文
新字:先様
読み方割合
さきさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れともやうな奧樣あつかひかで矢張傳法肌の三るかなとへば、どうで其處らがでござりましよ、此方ふやうなは先樣なり
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
午餐が濟んで、二人がまだお吉と共に勝手にゐたうちに、二人の奉公口を世話してくれたといふ、源助と職業仲間の男が來て、先樣では一日も早くといふから、今日中にる事にしたらだと言つた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
得しは實に不思議の幸ひなり然らば此印籠貴方樣へ御渡し申べし何卒先樣へ御屆け成れて下さると悦びてけるにぞ忠八も又大に悦びらば此品は拙者に預り參る可しに證據もなく受取て參らんも心らねば以前ひたる持主を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)