“中垣”の読み方と例文
読み方割合
なかがき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
恋しと思う父は今遠く遼東にあり。継母は近く東京にあれど、中垣の隔て昔のままに、ともすれば聞きづらきことも耳に入る。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ては中垣建仁寺にゆづりてかはす庭井はりのきよく軒端梅一木両家
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
くしさまにもぞお我身とても其通りなり御返事屹度まちますとえば點頭ながら立出のきばのそでにりて何時中垣のほとりのぼる若竹葉風さら/\としてほとゝぎすべきなりとやを
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)