“若竹”の読み方と例文
読み方割合
わかたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「大阪のことでござった。声のいい、浄瑠璃語りのおなごがありました。若竹といってな、人はみな、竹女と呼んだ」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
それは、若竹が、あちこちのに、かぼそく、ういういしい緑色をのばしている初夏のひるで、松林では松蝉が、ジイジイジイイといていました。
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)
は、をしながら、注意深く、小刀をあけていたのです。しかし、若竹らかくて、うまくうようにいかなかったのです。のすみに、寒竹えていました。
へちまの水 (新字新仮名) / 小川未明(著)