“ボタン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ぼたん
語句割合
78.6%
10.0%
扣鈕3.6%
控鈕2.9%
釦鈕2.9%
紐釦1.4%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の上着には腰のあたりにが二つ並んでいて、胸はいたままであった。霜降の羅紗も硬くごわごわして、極めて手触かった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
埃と白墨みた詰襟の洋服に着替へ、黒いを懸けながら職員室に出て来ると、目賀田は、補布だらけな莫大小の股引の脛を火鉢にりながら
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
Brrrrと唇をふるわして、彼は、金属性の扣鈕を二つ三つコップへ入れて振る。するとそれが、一羽のっ子に早変りして出て来る。見物が集まる。
薄き汗衫一枚、鞣革一つなるが、その袴さへ、控鈕れて膝のあたりに垂れかゝりたるを、心ともせずや、「キタルラ」の、おもしろげに掻き鳴して坐したり。
いでカラアの釦鈕をはめむとするに、手の短いかはりに、は大きく、容易にらず。
燕尾服着初めの記 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
なんという型のものであるか私には判らぬけれども、ひとめ見た印象で言えば、シルレルの外套である。天鵞絨紐釦がむやみに多く、色は見事な銀鼠であって、話にならんほどにだぶだぶしていた。
ダス・ゲマイネ (新字新仮名) / 太宰治(著)
あやしんで彼が空を仰いだとき、とある星座の鍵がひとところ青いを喪つてほのかに白く霞んでゐた。
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)