“つぼみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツボミ
語句割合
66.1%
33.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
枝さきに一ぱいにをつけてゐる中に、半開から八分咲きの輪も混つてゐた。その花は媚びた唇のやうな紫がかつた赤い色をしてゐた。
小町の芍薬 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
障子を細目に開けて見ると、江戸中の櫻のが一夜の中にらんで、の波の上に黄金色の陽炎が立ち舞ふやうな美しい朝でした。
まだ名物の桜のも固く、道の枯草に浅緑も蘇返らず、うるんだような宵月が、二人の影法師を長く苅田の中へ引いて居ります。
銭形平次捕物控:245 春宵 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
ちょうど三月の末、麦酒会社の岡につづいた桜のびそめたころ、私は白金の塾で大槻医師が転居するという噂を耳にした。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)