“はつか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハツカ
語句割合
二十日85.6%
廿日9.3%
薄荷2.5%
發火0.8%
0.8%
羽束0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二十日は日がいいというので、いよいよその朝に草鞋を穿くことになった。その前の日に六三郎は母の寺詣りに行きたいと言った。
心中浪華の春雨 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
廿日正月も過ぎた或る日の夕方、離れの書斎で新刊の雑誌をめくっているところへ、幸子が何か様子ありげに這入って来てったので、不思議そうに顔をげると
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
つけきわが初戀のかなしみにふる雪は薄荷の如く
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
飮食店ける揚物はせるろいど工場など、文化むにひ、化學藥品にして發火原因となるものが、えてる。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
八、 潰家からの發火地震直後ることもあり、一二時間ることもある。油斷なきことをする。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
吾輩は街頭強盗に出会った恰好で、恐る恐る名刺を渡した。「中央毎夕新聞編輯部羽束友一」と印刷した最後の一枚を……。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)