“ししよく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
紫色50.0%
司職25.0%
紙燭25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のツホウホー、人魂ひとだま息吹いぶきをするとかいふこゑに、藍暗らんあん紫色ししよくたいして、のりすれ、のりほせのないのは木菟みゝづくで。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
がいには幹の白い枝から数尺すうしやくひげを垂れた榕樹ようじゆや、紅蜀葵こうしよくきに似た花を一年ぢゆうつけて居ると云ふや、紫色ししよくをした昼顔の一種五瓜竜ごくわりようなどが目にる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
百官ひやくくわん司職ししよくみなこれにしたがなかに、王積薪わうせきしんふもの當時たうじ名手めいしゆなり。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
萬治まんぢ三年は正月から大火があつて、湯島から小網町まで燒き拂ひ、二月は人心不安の爲將軍日光社參延引しやうぐんにつくわうしやさんえんいんを令し、六月には大阪に雷震、火藥庫が爆發し、到頭江戸町家の二階で紙燭ししよく油火あぶらび蝋燭らふそくを禁じたのです。