“おでこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
37.0%
出額33.3%
凸額22.2%
前額3.7%
御凸額3.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
クリクリ坊主のおでこが脳天から二つに割れて、又喰付くいつき合った創痕きずあとが、まゆの間へグッと切れ込んでいるんだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
おでここッつりで小児こどもは泣き出す、負けた方は笑い出す、よだれと何んかと一緒でござろう。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白粉おしろいのその頸を、ぬいと出額おでこの下の、小慧こざかしげに、世智辛く光る金壺眼かなつぼまなこで、じろりと見越して、
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
出額おでこしりすぼけ、なさけらずことさらにいたやうなのが
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
頭の大きなわりにほっそりとした体躯、凸額おでこの中から睥めるように物を見る眼、小鼻の小さな高い鼻、細い腕、長い指、それらが変に不気味だった。
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
彼は碌々ろくろく話も交えない労働者らの間にあって、人れない気圧けおされたような様子をしてる凸額おでこの少年の病的な顔つきを、始終観察していた。
遮二無二しゃにむにかじり付いてくる少年の前額おでこをかけて、力任せに押除おしのけようともがいているうちに、浅田の夢は破れて、蚊帳かやを外した八畳の間にぽっかりと目をさました。
秘められたる挿話 (新字新仮名) / 松本泰(著)
佐野は写真で見たよりも一層御凸額おでこであった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「少し御凸額おでこだって云ったものもあります」
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)