“あんこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アンコ
語句割合
安固26.7%
餡子26.7%
饀子13.3%
13.3%
青年6.7%
餌子6.7%
餡粉6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
身は一定の国籍のにありて、法律の保護を受け、もって生命財産の安固を保ちながら、その国の不為るごときは、決して国民たる個人の独立行為といわれぬ。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
餡子ではあんまりだ、黄色い白粉でもつけましょう、牡丹亭きな子です。お一ついかが……そういってどうかすると、お客にお酌をした事もあるんです。
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に、女中註文が、うやら饀子ばかりらしいので、うしてるべしとつてると
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
犬がいない時は豚が威張り、その次は山羊だという。バナナも出してくれたが、熟し過ぎていて、めているような気がした。ラカタンとてこの島のバナナの中では最上種の由。
やや遅れてれもなく出て来たのは佐藤だった。小さな後姿は若々しくって青年のようだった。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
餌子のはお手間れますツ。」
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
悪く行き合せると、田舎の事だから牡丹餅をこしらえてる、餡粉の草餅を揉んでる。まあまあ、どうぞお一つ、それやアお一つ、てこ盛りで、勧め方があくどいからね。それに野天は暑いし。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)