“あたたか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
42.9%
40.2%
温暖13.4%
0.9%
温味0.9%
温煖0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれからしばらくたつたい日、栄蔵は勉強に疲れた頭を、海から来る新鮮な風にあてて休めるため、波打際の方へおりていつた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
「それからの座敷をにして置け。ストーブをけ。頼むぜ。」といいながら早くも座敷の中で帯を解くので、女中はあわてて
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
明後日が初酉の十一月八日、今年はやや温暖く小袖を三枚重襲るほどにもないが、夜がけてはさすがに初冬の寒気が感じられる。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
日はぽかぽかとい、まるで春の野原にでも寝そべっているようだ。話をするのもくなって睡気がさして来る、長次郎などはとうに鼾をかいて寝てった。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
枕許に坐って、掻巻の襟へ手を懸けると、かった。が、底に温味のある気がしてなりません。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
天下の寒き者多し独り温煖ならんやといし。の太祖が大度を慕い。く慈善を施せしも。始め蛍の資本より。炭もべき大竈と成りし始末の満尾迄。御覧をうとよしの。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
この寒き日をこのに、この焦るる身をこの意中の人に並べて、この誠をもてこの恋しさを語らば如何に、と思到れる時、宮はど裂けぬべく胸を苦く覚えて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)