“時折”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ときおり61.5%
ときをり38.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“時折”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 射倖ゲーム100.0%
文学 > 英米文学 > 戯曲16.7%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語6.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
時折ときおりばんになると、ている病院服びょういんふくまえ神経的しんけいてき掻合かきあわせるとおもうと
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
わたくし時折ときおり種々いろいろなことを妄想もうぞうしますが、往々おうおう幻想まぼろしるのです、或人あるひとたり
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
時折ときをりばんになると、てゐる病院服びやうゐんふくまへ神經的しんけいてき掻合かきあはせるとおもふと
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
そこで、私はもつと規定の寛大な、そして私が屡々彼女に會ひに行くことの出來る、そして時折ときをりは彼女を連れて歸れる位ゐに近い學校を見つけた。