“御座候:ござさふらふ” の例文
“御座候:ござさふらふ”を含む作品の著者(上位)作品数
尾崎紅葉1
泉鏡太郎1
泉鏡花1
“御座候:ござさふらふ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
三度さんどくもごと湯氣ゆげいてづるじつ壯觀さうくわん御座候ござさふらふ
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
愚なる者の癖に人がましき事申上候やうにて、誠に御恥おんはづかし存候ぞんじさふらへども、何とも何とも心得難こころえがた存上候ぞんじあげさふらふは、御前様おんまへさま唯今ただいまの御身分に御座候ござさふらふ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)