“店々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みせ/\66.7%
みせみせ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飛出したやうにいて、一人つて、店々電燈よりい、大屋根蒼白た。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
私のはいつのにかつてゐました。私は東明館前かられて、もなくるくかな片側を、店々うて神保町へと歩いて行きました。
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
それを見ると、茶袋の歩兵隊の中からまたしても鉄砲の音が聞え、楼々店々の畳をぎ出して、それを往来の真中へ積んでを築くの有様でありました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)