“みせみせ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
店々50.0%
店店50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを見ると、茶袋の歩兵隊の中からまたしても鉄砲の音が聞え、楼々いえいえ店々みせみせの畳をかつぎ出して、それを往来の真中へ積んでたてを築くの有様でありました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
石のごと店店みせみせに青みすわりき。
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)