“堤燈”のいろいろな読み方と例文
新字:堤灯
読み方割合
ちやうちん50.0%
ちょうちん25.0%
ひさげとう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堤燈をぶらさげたやうな酸醤が、さんに酸醤れまして、そのしてしまつてから、いて御覽へてれました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
真吉は、おさんのいの呉服店しました。そこで堤燈りてゆこうとりました。ふいに、真吉ってきたので、呉服店のおかみさんは、おどろいて
真吉とお母さん (新字新仮名) / 小川未明(著)
又高き窓なる人々は竿に着けたる堤燈さし出して誇貌なるを、屋根に這ひ出でたる男ども竿の尖に紛※結びたるを揮ひて、これをさへ拂ひ消すめり。