“堤上”の読み方と例文
読み方割合
ていじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、自分は其処水際って釣ったり、其処堤上に寝転がって、たまたま得た何かを雑記帳に一行二行記しつけたりして毎日んだ。
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それは実に見事なもので、狂犬はクルクルと中空高く舞い上り、堤上の松の枝をかすめて、の真中へドブンと落ち込み、しばしはみも上りません。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
堤上、義人はなきや
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)