“別誂:べつあつら” の例文
“別誂:べつあつら”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂2
中里介山1
林不忘1
薄田泣菫1
“別誂:べつあつら”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
喬之助と右近の影武者同士は例によって神出鬼没しんしゅつきぼつをきわめ、魚心堂はその唯一の武器である別誂べつあつらえの釣竿を振り廻し、知らずのお絃ちゃんは男装している。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
島徳蔵氏は成金の一にんである。最近弟の定治郎ていぢらう氏が、多額納税議員に当選したので、島氏はこの世界は神様が自分達の為に別誂べつあつらへに拵へたもののやうに思ひ出したらしい。
「蝶々にも並出來と別誂べつあつらへとあるのか」
「蝶々にも並出来と別誂べつあつらえとあるのか」
新内、何でもござれ、悪食あくじきにかけちゃあ相当なんでげすが、まだ、みそひともじは食べつけねえんでげすが、そこはそれ! 天性の厚化粧、別誂べつあつらいのつらの皮でげすから、さりげなくその短冊を拝見の、こう、首を少々横にひねりましてな
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)