“神出鬼没”の読み方と例文
読み方割合
しんしゅつきぼつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お化け鞄は相変らず神出鬼没しんしゅつきぼつだし、目賀野たちが出頭して引取っていった只の鞄の方は、目賀野たちと共に目下行方不明とある。
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)
これでみても、いかに全事件が怪奇をきわめ、犯人「斬裂人リッパアのジャック」の行動がまったく探偵小説的に神出鬼没しんしゅつきぼつそのものであったかが推測されよう。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
みな、茨右近の神出鬼没しんしゅつきぼつぶりに感心するだけで、喬之助という影武者かげむしゃのいることには気が付かずに過ぎたのだった。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)