“何屋”の読み方と例文
読み方割合
なにや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風呂びてれゆけばかけ下駄に七五三の着物何屋新妓たか、金杉糸屋う一がひくいと
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
殺したる者なるべけれと思ひ此人は何屋より送られし客人なるやと聞けば女房へて夫は桐屋からの客人なり金を四百兩預けられしがれも歴々の人ならんと云ふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何某御子息何屋若旦那と、水茶屋には、勿体ないくらいの縁談も、これまでに五つや十ではなく、には用人使者てての、れッきとしたお旗本からの申込みも二三はえられたが
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)