“むり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
無理95.1%
夢裡1.8%
夢裏1.2%
1.2%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
では魔物不承知ぢや。前方とも無理はねえ、るもらぬもの……出来不出来最初から、お前様にあるでねえか。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
夢裡に見る風景は作者が明治三十年代頃に見馴れた千駄ヶ谷附近田園の描写である。)
来訪者 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
産落されては大変と、に行李へ入れて押え付けつつ静かに背中から腰をってやると、い気持そうにと落付いて、暫らくしてから一匹産落し、とうとう払暁まで掛って九匹を取上げたと
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
は、これをってれば、のものたちが、みんなにやってくるとって、その時計って大事にしてりました。
時計のない村 (新字新仮名) / 小川未明(著)