“そね”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソネ
語句割合
37.5%
31.3%
12.5%
曾根10.9%
1.6%
曽根1.6%
曾禰1.6%
1.6%
1.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熊「ヘンそねめ、おたんちん、だがな八公、若大将にゃア気持が悪くなるてえことよ、阿魔でれ/″\しアがって、から埓口らちくちアねえ」
それ以来、セエラをそねんでいる少女達は、何か辱しめてやりたい時に限って、セエラを『宮様プリンセス』といいました。
放蕩ほうとう懶惰らんだとを経緯たてぬきの糸にして織上おりあがったおぼッちゃま方が、不負魂まけじだましいねたそねみからおむずかり遊ばすけれども
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ぜんから居る下役の媽々かかあども、いずれ夫人とか、何子とか云う奴等が、女同士、長官の細君の、年紀としの若いのをそねんだやつさ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「……そんな裏面の消息を、唯二人の間の絶対の秘密として葬り去るべく……怨みも、そねみも忘れて……学術のために……人類のために……」
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
嫉妬ねたみそねみもせぬけれど、……口惜くちをしい、それがために、かたきから仕事しごと恥辱ちじよくをおあそばす。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ありとあらゆる空の鳥は、おろかな彼を哂うのではなく、かえって仕合せな彼をうらやんだりそねんだりしているのであった。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
やれこれ目を掛けて下さると思った、しかほかの奉公人のそねみを受けやアしないかと申しましたが、結構な事だ有難いことだと実は悦んで安心していました、菊も悦んで親へ吹聴致すくらいで
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「あなたが伊丹屋のお家を出て、一人住みでもなされたら、江戸中の若い男達は、相場を狂わせるでございましょうよ。……そうして貴女あなたは江戸中の女から、そねまれることでございましょうよ」
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
というのは、何を意味するか、自分にも分らないので、日時を費やしていたが、曾根そねの円通寺住職杉田宗直氏に照会してみたところやっと分った。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それを愍然びんぜんに思ってくれたのか、曾根そねの星ヶ岡茶寮のN君が、一日、自家用車でやって来て、きょうは京都をお見せしてあげましょうという。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「だから、家の中に主人を殺す者があれば、あの妾のお源が一番怪しいと——これは下女のお曾根そね婆さんの言ひぐさですよ」
うみむすめ自然おのづからなる可愛いとしさとに孰れ優り劣り無く育てけるが、今年は二人ともに十六になりぬ、髪の艶、肌の光り、人のそねみ心を惹くほどに我子は美しければ
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
世に百歳もゝとせ夫婦めをとも無し、なにぞ一期の恩愛を説かん、たとひ思ふこと叶ひ、望むこと足りぬとも、そねみを蒙り羨を惹きて在らんは拙るべし、もとより女の事なれば世に栄えん願ひも左までは深からず
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「銀座の曽根そねといって、素晴らしい芸術的な写真撮るところよ。すぐ帰って来るわ。先生うちにじっとしていなきゃいや。きっとよ。じゃあ、げんまん!」
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
彼晩あのばん貴下あなた、香雪軒で桂さんだの、曾禰そねさんだのツて大臣さん方の御座敷でしてネ、小米さんが大盃コツプでお酒をグイ飲みするんですよ、あんなことは今まで一度も無いのですから、どうしたんだらうつてみんな不思議がつて居ましたの
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
こぼれし種子たねしきかな、我生わがよすさめるそねにだに
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
その得意さうな笑声を俺がどんなそねみ根性で聞いて居たかと云ふことは、彼の顧慮する所では勿論ないらしかつた。
公判 (新字旧仮名) / 平出修(著)