“そねみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
娼嫉33.3%
33.3%
嫉視33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少くも娼嫉そねみの的になっているには違いない。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
世の誚と云ふのは、多くはそねみ、その証拠は、働の無い奴が貧乏しとればあはれまるるじや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
平次は大きく手を振りました。さうでなくてさへ、この二三年江戸の捕物は錢形平次一人手柄で、宜い加減御用聞仲間の嫉視そねみを買ひ、面と向つてイヤな事を言ふ者さへあつたのです。