“くつわむし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クツワムシ
語句割合
轡虫90.5%
轡蟲4.8%
聒々児4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
座敷がしんとして庭では轡虫が鳴き出した。居間の時計がねむそうに十時をうったから一通り霊前を片付けて床に入った。
(新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
轡蟲いなかへたれゝば、へてく。土地れが一にがしや/\といふ名稱へられてるだけしくがしや/\とく。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
はそれでもうてる。んだがぎし/\とるのにそれが彼等西瓜であれば道端草村から轡蟲つてつて雨戸隙間からつ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
まるで聒々児の鳴くようにやかましい女の声である。石田が声の方角を見ると、花壇の向うの畠を為切った、南隣の生垣の上から顔を出している四十くらいの女がいる。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)