“えんがわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
縁側80.8%
椽側14.7%
縁辺1.9%
椽端1.3%
0.6%
縁端0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも筆と紙がいっしょにならない時は、撮んだ顎を二本の指でして見る。すると縁側で文鳥がたちまち千代千代と二声鳴いた。
文鳥 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
をあけて、椽側へ出ると、向う二階の障子に身をたして、那美さんが立っている。のなかへめて、横顔だけしか見えぬ。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
すると少女身体の具合が少し悪いと言っていで、奥の間に、つくねんと座っていましたが、低い声で唱歌をやっているのを僕は縁辺に腰をかけたままいていました。
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
折しも小春の空長閑く、斜廡れてさす日影の、払々と暖きに、黄金丸はをすべり出で、椽端端居して、独り鬱陶に打ちくれたるに。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
更に巧に、寝間を出て、の戸を一分又た一分に開け、跣足外面に首尾能く出た。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
縁端から、台所に出て真闇の中をそっとくと、臭気のある冷たい空気が気味悪く顔をめた。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)