あな
Y君は語る。 明治十年、西南戦争の頃には、わたしの家は芝の高輪にあった。わたしの家といったところで、わたしはまだ生まれたばかりの赤ん坊であったから何んにも知ろう筈はない。これは後日になって姉の話を聞い …
題名が同じ作品
(新字新仮名)黒島伝治 (著)
(新字新仮名)蘭郁二郎 (著)