“舞踏室”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぶとうしつ33.3%
ぶたうしつ16.7%
ぶたふしつ16.7%
ダンシング16.7%
ボウル・ルウム16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その晩、大きな舞踏室で、王女は影とダンスしました。王女も身が軽いのに、でも影はもっともっと身軽で、こんなに身の軽い人をあいてに、王女はまだおどったことはありませんでした。
弦月丸にもがあつて私等折々臨席したが、電燈ゆき舞踏室では今夜らしく音樂會さるゝで、幾百人歐米人きも其處つて
舞踏室客室床上めたるばかりの燈心草)をきしは當時上流はしなり。)
パリにいる日本の女の方たちは舞踏室でのトレーニングはお上手でしょうが、体育や協同のトレーニングをやらせたら問題にならないでしょう。それが問題だと思うんです
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
紳士階級は女の腰へ手を廻して舞踏室の床を辷りながら、タキシイドの膝にちょっぴり落ちた葉巻の灰を気にしている。
運命のSOS (新字新仮名) / 牧逸馬(著)