“樹上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きのぼ50.0%
きのうへ33.3%
じゅじょう16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
餘波にかゝりて、くがく、てぞ大木樹上つて、しが、齊眉美女なるびぬ。
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
樵夫はこれをしらず、今日の生業はこれにてたれり、いざや焼飯にせんとて打より見れば一ものこさず、どもは樹上にありて
数丈樹上から目をひらけば、甲斐秩父上毛平野、雲の上から見る気がして、目がくらむかもわからない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)