“屋臺”の読み方と例文
新字:屋台
読み方割合
やたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つて其處つてへたのは、身綺麗らしい女中であつたが、はよくもなかつた。で、屋臺にしたで、年配老爺と、おさん。
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
屋臺ちかよるのねや
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
と、ならず、ちよろつかな加減いたいて、小姉つたのを、風呂敷ごと引奪るやうにつて、屋臺で、爲直しながら
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)