名利めいり)” の例文
ということになりる。僕は決して名利が悪いとは言わない。名も利も求めずして来たるものならば、むべきものとは思わない。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
し、これからが大事である。形式が精神を超えると名利の家となる。「素峰、これからやかましくいうぞ」と私は笑った。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
僕はその時ほど心の平穏を感ずることはない、その時ほど自由を感ずることはない、その時ほど名利競争の俗念消えてすべての物に対する同情の念の深い時はない。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
何故私は此人を軽蔑したのか? 襟垢の附いた着物を着ていたとて、庭に襁褓してあったとて、平生名利に超然たるを高しとする私の眼中に、貧富の差は無い筈である。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
道衍の一生を考うるに、けてを成さしめし所以のもの、栄名厚利のにあらざるがし。名利の為にせずんば、何をんでか、紅血を民人に流さしめて、白帽を藩王にかしめしぞ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
しかし誰人が不正の名利えて、心のうちに満足を覚ゆるか。世人に向かっては大きな顔もしようなれ、自己にみてはなはだ不安の念を抱くや疑いない。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
しかしてその成功とは何ぞやと聞くと、多くは名利である。この成功あるいは具体的に言えば名利をぶの結果として、人格をるにさえ名利を標準とする者が多い。たとえて言うと
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)