“不満足”の読み方と例文
旧字:不滿足
読み方割合
ふまんぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この人をモデルにして不満足というなり彫刻なり作ったならばと思われる。ふたりはしばらくのあいだ口もきかなかった。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
不満足たしたのであらう——いかさまにもつたれば、おより宿さぬ、びぬ、……手足うしてかれても、対手鬼神では文句はない
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
昨日小胆であったことも、さえも気味たことも、以前にはいもしなかった感情や、思想のままに吐露したこと、哲学をしている丁斑魚不満足のことをうたことなども
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)