“丁斑魚”の読み方と例文
読み方割合
めだか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丁斑魚でも滿足られんなら、哲學ずにはられんでせう。智慧ある、教育ある、自尊ある、自由する、たる人間が。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
氏神の境内まで飛ばないと、蜻蛉さえくは見られない、雪国の城下でもせせこましい町家に育ったものは、瑠璃丁斑魚、珊瑚の鯉、五色が泳ぐとも聞かないのに、池を蓬莱の嶋に望んで
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
丁斑魚でも満足られんなら、哲学をせずにはおられんでしょう。いやしくも智慧ある、教育ある、自尊ある、自由する、たる人間が。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)