“めだか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
目高66.7%
丁斑魚16.7%
丁班魚5.6%
女鷹5.6%
目高魚5.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おはぐろ蜻蛉とんぼを、ねえさんとんぼ、草葉螟蟲くさばかげろふ燈心とうしんとんぼ、目高めだかをカンタとふ。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
爺さんは水洟みづはなと一緒くたに涙をすゝり込むだ。涙も水洟も目高めだかの泳いでゐる淡水まみづのやうに味が無かつた。
いく丁斑魚めだかでも滿足まんぞくられんなら、哲學てつがくずにはられんでせう。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
すなは哲學てつがくをしてゐる丁斑魚めだか不滿足ふまんぞくことふたことなども
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ウオという語もこれと同様に、食用に供せられぬ丁班魚めだかなどには及ばなかった。
若き女鷹めだかしあらば。——
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
水車のわきの小川には、いつも目高魚めだかや、泥鰌どぢやうや、田螺たにしや、小蟹こがにや、海老えびの子などがゐました。
先生と生徒 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)