“緋丁斑魚”の読み方と例文
読み方割合
ひめだか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤地の錦で、鏡板の松を藻に泳ぐ。……いや、もっと小さい。緋丁斑魚だ。緋丁斑魚結構。——おお、は出来た。姉さん、姉さん、いいものを持っているんだね。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)