“賜緋魚袋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しひぎょたい50.0%
しひぎよたい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして袖をき合わせてうやうやしく礼をして、「朝儀大夫、使持節、台州の主簿、上柱国、賜緋魚袋、閭丘胤と申すものでございます」
寒山拾得 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
はかう見當けて二人つた。そしてせてしくをして、「朝儀大夫使持節台州主簿上柱國賜緋魚袋閭丘胤すものでございます」と名告つた。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)