“一議”の読み方と例文
読み方割合
いちぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一議に及ばず、草鞋を上げて、道を左へ片避けた、足の底へ、草の根がに、葉末を隠したが、を引くもなく、天地に、虫の羽音も聞えぬ。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一議におよばず、貴意にすといって来た。これでよかろう」
一議ばず、旦那以爲然が、何分大枚代物であるから、分別隨一手代が、使る。と旦那十分れて、途中よくをつけて、他人にはもさゝせるな。
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)