“そうしつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
喪失78.9%
喪室5.3%
宗室5.3%
瘡疾5.3%
草質5.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——いや世の中の貧乏とか、艱苦かんくとか、精進とか、希望とかいうものまでをいつか心身から喪失そうしつしていた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あらゆる信念を喪失そうしつしかけて空蝉うつせみにも似た自分の影が、今宵もふわふわと暗い風の中を歩いている。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼を迎えて、孫権がいかに心強く思ったかはいうまでもない。以来、喪室そうしつの感傷を一てきして、政務を見、軍事にも熱心に、明け暮れ魯粛の卓見をたたいた。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
宗室そうしつくわいして、長夜ちやうやえんるにあたりては、金瓶きんべい
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
園太暦えんたいりゃく」では瘡疾そうしつかかったのだと書いている。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
草質そうしつが厚く白緑色はくりょくしょくていしているが、毒分があるから、ニラなどのように食用にはならない。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)