“金瓶”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんぺい50.0%
かなかめ25.0%
きんべい25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金瓶”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その上、この君の眉目のうるわしさは、金瓶きんぺいの花も、玉盤ぎょくばんの仙桃の匂いも、色を失うほどであった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
富貴ふっき楼お倉、有明ゆうめい楼おきく、金瓶きんぺい今紫いまむらさきは明治の初期の美女代表で、あわせて情史をつづっている。
明治大正美人追憶 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
そこで金瓶かなかめ村斎藤十右衛門方に移居することになつたのである。
三年 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
宗室そうしつくわいして、長夜ちやうやえんるにあたりては、金瓶きんべい
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)