“しょうしゃ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
瀟洒92.0%
樵者2.4%
潚洒1.6%
瀟灑0.8%
小社0.8%
廠舎0.8%
蕭洒0.8%
衝車0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やや肉落ちて瀟洒たる姿ではあるが、その炯々たる瞳はほとんど怪しきまでに鋭い力を放って、精悍の気眉宇の間に溢れて見えた。
忠直卿行状記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
秋風や酒肆に詩うたふ漁者樵者
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
陣羽織に竹の杖を持ち、潚洒たる姿で
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
瀟灑な服飾を整え、豪華な邸を構え、家具調度に贅を尽し、宝石をかし、文学を持ち、書籍と芸術とを愛好し、音楽を好み、詩を愛し、極めて優れた造形美術と野外劇とを有し
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
あのっ葉一つ留めぬ塋域の瀟灑さと言い、今またこの荘厳な大殿堂と言い、その規模の雄大さ、荘厳さ、気高さにおいて、欧州一流の大都会にも未だこれほどの美しさ、これほどの見事さを
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
それかあらぬか、同地神明社内には小桜神社通称若宮様)という小社ってり、今尚里人尊崇標的になってります。
常に剣帯をしめ、肩章は胸の上にたれ、帽章は火薬に黒ずみ、額には軍帽のために筋がつき、廠舎に陣営に露営にまた野戦病院に夜を明かし、かくて二十年の出征の後に、には傷痕を留め
見るからに蕭洒なバンガロー風の青ペンキ塗、平屋建で、対岸のR市から眺めると、三丁ばかり離れて建っている倫陀療養院の赤い屋根と、偶然の美しいコントラストを作っているのであるが
S岬西洋婦人絞殺事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
雲梯衝車の新兵器まで押し出して用いた。雲梯——雲の——とは、高さあくまで高い梯子櫓である。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)