“あっさり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
淡泊42.9%
淡々14.3%
淡洒14.3%
淡白14.3%
淡粧7.1%
瀟洒7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も紅も似合うものを、浅葱だの、白の手絡てがらだの、いつも淡泊あっさりした円髷まるまげで、年紀としは三十を一つ出た。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
淡泊あっさりしたことを謂いながら、物足りなそうな、済まぬらしい、愛吉の様子を眺めて、もの優しく、
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
顧みて東方とうぼうの半天を眺むれば、淡々あっさりとあがった水色、諦視ながめつめたら宵星よいぼしの一つ二つはほじり出せそうな空合そらあい
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
そうか、淡々あっさりとしたものだ。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まげ女優巻じょゆうまきでなく、わざとつい通りの束髪そくはつで、薄化粧うすげしょう淡洒あっさりした意気造いきづくり
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
まげも女優巻でなく、わざとつい通りの束髪で、薄化粧の淡洒あっさりした意気造いきづくり形容しなに合せて、煙草入たばこいれも、好みで持った気組の婀娜あだ
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
兄哥あにい、有難え、こっちからお礼を言うよ。——実は俺にも少し考えがあったんだが、縄張がうるさいから、黙っていたんだ。——兄哥でもなきァ、こんな事を淡白あっさり相談に来ちゃくれまい」
私は、一つの塩昆布でさえ、甘いの、からいの、淡白あっさりしたのといろいろの店があって、味のちがうのを知っているが、考えるなら粉末とし、加工し、精を抜いて、もっと、種々の製品が出来るにちがい無い。
大阪を歩く (新字新仮名) / 直木三十五(著)
「どうも淡粧あっさりして、活動する奴が一番人間の分子が多くって危険だ」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
世間は気次第で忌々いまいましくも面白くもなるものゆえ、できるだけは卑劣けちさびを根性に着けず瀟洒あっさりと世を奇麗に渡りさえすればそれで好いわ、と云いさしてぐいと仰飲あお
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)