“雛遊”の読み方と例文
読み方割合
ひなあそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主婦に大目玉をくった事があるんだけれど、弥生は里の雛遊び……は常磐津か何かのもんくだっけ。
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たとえば『甲斐落葉』にはオカダッコ、食物調理の真似をして遊ぶこと、すなわちままごととあるが、南大和の方言集にも、雛遊びをここではオカタサンゴトというとある。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ありし雛遊びのあらたまらずまりし姿かたちにとめんとせねばとまりもせでさん千代ちやんと他愛もなき談笑ては喧嘩糸口最早来玉ふなしにんお前様こそのいひじらけに見合さぬ二日目昨日るかりし此後
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)